編集室より 電動バイク、初めてのお仕事 2021.02.20

前回記事の続き。電動原付バイク、GFRー01がやってきて20日が過ぎました。その間3月号の〆切があったりして進展がみられませんでした。でもようやく昨日、印刷も終了してスタッフのみんなも人間の形をとり戻しつつあります笑。

GFRー01くんもそろそろ仕事デビューというタイミング。でも外で働くにはまず編集室を出なきゃですが実はここエレベータなしのビル3F。GFRは軽くて楽々、とは絶対に言いません。これ毎日があげおろしだとちょっと無理。


1回なら別に苦ではないが嫌だな


商店街を押し歩く。完全にチャリンコ

↓この車を車屋さんに入れた帰り道の「アシ」が初仕事。往路は車載ですが、私の車はスバルR1という小さな車。
・儚く消えたスバル R1の上質な魅力 軽より小さな超個性派!? 【偉大な生産終了車】
とにかく車内が小さくて狭いんです。普段わたしは助手席も倒して完全一人乗りで使ってます笑


軽なのにスーパーチャージャー付き4気筒4WDレア車という自慢はここでは関係ない笑


潔いほどに狭い…

この車は普通の自転車、まして原付など絶対に載らないんですが、このGFRー01…


腹たった人にぐにぐにされた針金細工みたい

畳めるんです。畳むにはちょっとコツと腕力がいるのですが、社用車の中に格納しといて配布のときに登場するのがいい感じかもです。


難なく載った。おそるべし

載ったところで出発です。行き先は、善通寺市内金蔵寺町。事務所との距離は6.3km。電動アシストだとちょっとひるむ距離です。


車の入庫を無事終えて、装備を整えます。原付ですのでヘルメットをかぶって、手袋もすると普通のバイク乗りの格好になります。


思ってたより普通のバイク姿になっちゃった
わたし実はバイクに長いこと乗っていて,そのなんていうかバイク乗り特有の「えーかっこしい」が出ちゃってます。今日の場合かえってカッコ悪〜。だって走りの方は全くもってのどかですから場違いですよ。
↓動画でどうぞ。

乗ってみた感じは割と遅い原付。出だしはスムーズで乗り心地もすごくいいです。小さい車輪の癖とかもなくて「おんもしろー!」とニヤけながら帰り道を堪能しました。電池の減り具合ですが、これくらいの距離だとメモリひとつも減ってなくて多分全然余裕だったみたいです。

気になった点は
・ペダル+人力だけで進むにはギア比が低過ぎ
・荷物の収納が必要
・前ブレーキが効きすぎで、後ろが効かなさ気味

こんな感じでした。ここをこれからちまちま改善していこうかなぁ。

この記事の編集者

くす
くす
月刊マルータ・丸亀・宇多津に関するニュースをお届けします!