2024.05.31 コラム 【エモ×レア】国内に現存2ヶ所。現状日本最古級のセルフ給油機が丸亀にあった

車やバイクに乗る人は、ガソリンスタンド利用しますよね。(←当たり前すぎてバカっぽいひと言目ですね)そしてセルフ方式が大半みたいに感じます(実は半分くらいとか)。給油機の画面でラ◯ェットモンキーのCMが流れたり、アプリでゴールド貯めて5円/リッター割引もらったり、クレカ連動のペイペイでプリペイド買ってマルチにポイントゲットしたり…。(って全部ヤ◯ウチ先生じゃないかい笑)高機能で便利を突き詰めてる感じですよね。

そしてここ、飯山町にある「真鍋商事ニュー島田SS」も、セルフ式スタンドと看板が出ています。

外観も普通のエネオスのSSで、セルフスタンドなんですが…

ガソリンを入れる機械(給油計量機というらしい)は普通に見えますが、お金を入れる機械(アイランドサービスユニットというらしい)がえらくシブいんです。以前から気になってて、今日はガソリンそんなに減ってないけど、これを使うためにわざわざ寄ってみました笑。


お札も入るし(千円札3枚まで・新5百円硬貨は不可)お釣りも出るようです。この個体はたまたまレギュラーと軽油のみ取り扱い?
そして驚いたことに、

プリペイドカード対応!カードは建屋内の販売コーナーで購入可。
写真とか撮りつつ給油しようとしたが千円札が入らない。もたもたしていたら、店員のおじさんが来てくれて
「お札が入らんのですか?」って声をかけてくれたんで、取材の旨をお伝えすると気さくに対応してくれました。
「この機械ね、お札が入らなくなったらね…」

気前よく「がちゃん」って前面パネルをご開帳。
「ここがずれとるんを直すと入るようになるんです」

緑色の養生テープのところをぎゅっとやると千円札が入りました。店員のおじさんに従順な感じがして、とても可愛い機械です。

おじさんいわく、このタイプの機械は日本にここ含めて2スタンドしかないんだとか。これ、メンテナンス会社が定期的にケアしてるはずだから多分正確な情報だと思います。そんでマニアの人(っておるんかい!)にものすごく貴重だから大事にしてほしい、って言われるとか。
なるほどこれはピンポイント盲点でした。レトロドライブインとかうどんの自動販売機とかはたま〜に見ますが

↓関係なく唐突にヤグタウンさんの動画

さらに、なんならレトロガソリンスタンドというジャンルもありますが、「レトロセルフ給油ユニット」ってのは何というかまさに「マニアの針の穴」じゃないでしょうか。皆さんもいちど利用してみてください。

「レギュラー1000円がん(讃岐弁で1000円分)」で入れたんですが機械が自分で1円おまけしてくれてました。やっぱりかわいい。

DATA
ENEOSニュー島田SS
丸亀市飯山町下法軍寺465-7
営業時間: 24時間営業. 定休日: 年中無休

今回ご紹介の「ENEOSニュー島田SS」の経営母体は真鍋商事さんです。
同社のホームセンター「ディスカまなべ」さんは当誌2023年7月号の巻頭企画で掲載させていただき好評でした。ぼくも取材していてめっちゃ楽しかったです。→ちょっと重めのwebbookで読む

ちなみに日本最初のセルフスタンドは静岡の鈴与商事「セルフ24草薙店」で1998年のことだそうです。

この記事を書いた人

くす
くす
月刊マルータ発行人。未年、動物占い「頼られると嬉しいひつじ」。だが実際は頼りない。
コラム

前の記事

【緊急】5月25日大雨