2022.02.01 コラム 【集客ノウハウ惜しみなく公開】 その1・お金使って宣伝したのに「反響無し」で終わってしまう広告とは

月刊マルータ発行人のくすです。

お金使って宣伝したのに「へーそうなんだ」で終わってしまう悲劇があります。折角「商品、サービスをいい感じで見せた」のに、お客さんにそのあと何をしてほしいのかが、無い例です。まさか、と思うかもしれませんがこれ意外と多いんですよ。

広告を見て、お客さんに「やってほしいこと」は?

・お店に行く、買う、電話する
・QRコードでサイトに飛ぶ
・ネットで予約する

などなどのアクションですね。ネット時代の広告は、当然のことながら「知名度が上がればいい」だけでなく、広告を見たあとにどう行動・反応してもらうかが勝負です。そんなん当たり前、って皆さん思うでしょう?ところが紙の広告だと想像以上に見落とされがちです。

反響がでない広告の事例

例えば、ダンス教室開業をお知らせするチラシ。
綺麗な衣装を着て踊っている女の子の写真が載っているチラシを見て…

「へー、お洒落なダンス教室?」からの→→→で、それ読んだ人どうする?電話する?WEBサイトを見る?
いきなり入学金を払う人はいません。
「あーそういうお洒落っぽいのあったあった!」…で、終わり。

もちろん電話番号とかは載ってます。でも何しに電話をかけるんでしょうか?
ワンコインランチならともかく、馴染みのないサービスだと、行動を起こす「着地点」がないと
広告を見た人は「へー」で終わってしまいます。

印象に残っているんだけど、行動せずに終わります。
あーそれみたことあるわ。以上。

もちろん広告を見た何人かは「見学会とかやってないんですか?」と問い合わせすると思います。

でもそういう人は
「一生懸命ダンス教室探していて」
「察しが良くて」
「怖がらないコミュニケーション強者」
だと思います。つまり激レアさん!

「ちょっと気になってる人に見てもらいたい」なら、
オープニングセールや体験会など、気軽に試せるチャンスを作って
広告でそのチャンスがあるよ〜ってお知らせしなければ「広告のムダ撒き」になってしまいます。

まとめ:広告の着地点に気をつける

・興味を持った人に「やってほしいこと」を明確に設定しているか?
・「やってほしいこと」は、お客さんにとって「重すぎないか」?→読者目線でチェック。
・「やってほしいこと」は、計測できるか?→電話件数、QRコードの読み取り回数、来店数、購入数、クーポン券の回収数など
・できれば「やってほしいこと」を何段階か用意する→続きをwebで、とにかく来店、お試し体験、購入・入会

集客についてのご相談承っています。

月刊マルータ以外のご相談も可能です。
0877-85-9898 にお電話か、こちらまで

月刊マルータの広告についての詳細はこちら